最強は盆や!

一言と課題2

伝説的企画ここじの部屋が面白すぎますがあれは別に大喜利ではないので引き続き紹介は控えます。

それにしても一月半止まってたんですね、何やってたの私!
ずーっとここじの部屋読んでました。
あれはですね、大喜利じゃない。
面白いけど大喜利では決して。


今回ご紹介する商品はこちら。
前回に続きボケノートから。


◆BOKENOTE◆

[ お題 741 ]
おちこぼれ野球部員がやる気を出した監督の一言

[11位]
あなさん

皆聞け!ボールを打つと打てるぞ


マジで!?
テンションあがるわ〜
ちょい打つ方向で考え直そう。


今日の課題

『重圧を感じよう』


さっきコメント欄見たらマックスハメハメ@とかこの国はどうしてしまったのさ。
過去の英霊に謝れ!

| | コメント (1)

一言と課題1

さて、大喜利プロ野球の話をしませんか。
しますね、いさむ兄さんがしてくれます。
私はというとボリュームある更新しようとするとめんどくさくなって携帯をきゅうりの彼岸に投げ飛ばしたくなるので一言形式で更新します。

今朝1番笑うたもの


[Page741] おちこぼれ野球部員がやる気を出した監督の一言


[ 2位 ] だいすけサマーさん

そのルールでもいいから


俗にいうDルール適用です。優ちゃんは500円貰ってチューされないといけないとか、そんなんです。
野球しろや。


それでは平沼さんの復活を祝いながらお別れです。アデュー


今日の課題

『グダグダ大好き光雄くんが今日はハキハキ喋る理由』

| | コメント (2)

週刊PinkHi2

私は脊椎カリエスだけは免れた


志賀直哉の名作『城の崎にて』結びの一文である。

文学を志しはじめた頃、私は川端でも三島でも、まして谷崎でもなく脇目も振らず志賀と横光を研究した。

拗ねた文筆家や社会学者のように名文も定義が時をおいて変化するなどと思った訳では毛頭なく、
ただジャコメッティの彫刻のように限界を超えて削ぎ落とされた文の体の魅力に憧れたのである。
そう、近づくことも目を反らすことも拒絶するあれは、確かにバイオレンスだった。

免れたといえば日本最高峰に位置するうっちゃりすと【KURO・GO=MA=ふ】の献身により『ひとりうっちゃり』消えた過去ログが復活を果たし、連動企画『週刊PinkHi』廃刊を免れた。感謝の2号である。

PinkHiを語るためにはHiさんについて語らねばなるまい。
何故ならPinkHiとはHiさんがマイノリティの希望に応える為に生み出した戦闘モードのそれであるからだ。
デコラティブな長文かセンセーショナルでホットな単語を多用するのがPinkHiモードであるが、意外なことにHiさんとしては短文系のセンスが冴える。
まさにハイセンス!

私が豪快にスベるとHiさんにまで影響が及ぶので今回はこの辺にしてネタを紹介する。


105回に恐怖の産声を上げたバイオレンスシリーズはベッタベタのド下ネタを挟み(未掲載)なぜか二つある116回の片方においてPinkHi文化最高傑作へ昇華する。


お題

『こんな体操のお兄さんは子どもには見せられない』


PINKHiさんの作品

【腕立て伏せの下に少女を仰向けで寝かせ体が触れないよう寸止めしてお兄さんの腕力すごいだろアピールのように見えるけど
脳内ではお互い裸で寸止めないお兄さんのすごいだろアピールが腕を伏せる度に続いてるバイオレンス】


氏には敬意を込めて『スフォルツァ』(強襲の人)の異名を捧げたい。

| | コメント (3)

カツジ各位

最強のカテゴリーは『おさわり』ですが、ここは一つ、盆や。
サイレンです。

最近久々に将棋やってます。弱くなったなあ。
とてもお見せできないハッハッハ。

さて、To菜果さんちの企画『豚の皿』が本日エントリー締め切りですが、相変わらずドギャンと人がいません。
ホントにお願いします。皆さんエントリーしてください。
だいたいグダグダになるけどそれはそれでいみじくも楽しいものなんで。

楽しくなかったらTo菜果さんちの近所のポプラ何店か休業させてもいいんで。
それでもポプラのシェア率は1%以上ある。

長くなりましたのでこの辺で筆を置きます。
最後に聖書『コリント人の手紙』第9章14節より。


『叔父貴』

| | コメント (7) | トラックバック (0)

非凡なる才能、盆 1

終わってかなり経ちますが、いやー終わりましたねイデアの水槽。楽しかったですねイデアの水槽。

何が素晴らしいというてうちのリーダーですよ。
なんであんな面白いこと思い付くんでしょうね。一つ残らず私のツボを直撃しましたよ。

そんな訳でこれから数回に渡り、

『非凡なる才能、盆〜イデアの水槽バージョン〜』

をお送りします。


その前に、

『イデアの水槽』とは……

全国各地から4人一組で集まったバンドマンがその腕前を競い日本一を目指すべく、大喜利を披露するといういやなんのことやねんな大会である。


さて、大会初日。
初日といえばリハーサルである。
リハーサルでは音響のチェックなどを行う目的は勿論のこと、
並み居る強豪にはじめて存在をアピールする機会でもある。
『奴ら、できる』と思わせたいものである。

リハーサルでタイバンを張るのは『意見を言う』

「教えてやらないとな、最強が誰なのか」

ドラムスティックを軽やかに回し、楽屋を出掛けリーダーが言った。

−−そう、最強は盆や!


そんなリーダーのリハーサルのネタはこちら。

『未投稿』

うぉいー
幸先の悪いスタートとなった。

けどまだこれからや!
盆さんの快進撃はこれから続く。

| | コメント (5) | トラックバック (0)

プロローグ

人間には古来より追い求めて止まないさまざまな命題がある。

最高の叡智とは何か――

あるいは、

富の最高峰とは何か――

角度変わって、

最強の格闘技とは何か――

そして、

世界平和とはどのようにすれば、もたらされるのか……

遠く、古くは渇望するように欲しながらも時の経過と共に幻想視され、
今や絵空事のように語られる言葉たち。

だが、今こそ言おう。『いずれにも確実な答えが存在する』

答えは命題の苛烈さに相応しく、洗練されたただ一つである。
誤解の無いように補足しよう。

・最高の叡智
・富の最高峰
・最強の格闘技
・世界平和への方策。

この4つの命題に対し、唯一つの解を以って為すということだ。
勿体ぶらず、その“解”をここに示す。

それは、『食』

美食は人の舌を、心を喜ばせる。
食は医の原点でもあり身体のバランスを整えて、
時に安眠を、時に性的快感にも似た恍惚をもたらす。はたまた、依存性なき食材が麻薬のごとき中毒性を生むことも。

大きくは、原始。安定して安全な食料を求め民族レベルの争いが起こった。
小さくは美食を求める余り身の破産、時に禁断の食材に指を伸ばし、命を落とす者も。

食にはそれだけの魅力があり、価値がある。

では翻って。
それを統べるということは?
最高級で安心できる美食を、安定して提供する術を持つ、ということは?

発想の飛躍を恐れず記述する。

それは大きな戦力の動向を操作する、平和を左右するということではないのか。
美食に携わる者達の頂点−−富の源泉であり続け、称賛と崇拝を得る−−
に立つということではないのか。
ひとまとめに、人の世を支配するということではないのか。

再度、告げる。

食を自在に操る者、それは

・最高の叡智
・富の最高峰
・最強の格闘技
・世界平和への方策。

全てを手中に納めたということなのである。


『すごいぞ白書』より抜粋


では、その究極の食を操る者は存在するのか?


空豆氏「それは、今から決める」

| | コメント (1) | トラックバック (0)

イデア議事録 2

開会式の宣言。
前回企画『退屈の花』優勝チーム【やっぱり家は】より。

【やっぱり家は】→解散

拗ねる主催者。
このままだとTo菜果さんが拗ねるし、つーかもう拗ねてるし、話が進まないのでここはEX【やっぱり家は】メンバー師匠さんから一言、

と皆が祭り上げるも、

師匠さん「いやあ、それはちょっと違うんじゃないかなあ」

と【意見を言う】

そう。師匠さんはもう【意見を言う】のメンバーなのである。

サイレンといたしましてはこのボケがしたかっただけなのであります。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

イデア議事録 1

そもそもmixiのコミュにのっけてたんですが余りに反応がないのでこちらに移します。
悲しみモニュメント


4月6日。
全国各地のバンドが技を競う祭典開幕。

会場は伝統あるフェリチタスタジアム。
チー1トーナメントの舞台である。
ラマオさんはオトコマエだから無償で貸してくれるだろ、と意気込んでTo菜果さん以下各バンドメンバー無断で入場。
焦る警備員。
【ZONEヲタ】のメンバーじゃない方の警備員。

通報とかいっぱいあったけど、やっぱりラマオさんはいい人だったのでなんとかなって、
フェリチタスタジアムで熱い闘いがはじまる。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

溺愛の水槽 07

はい。

間 健二選手 VS 風間ココジ選手

世紀の一戦の結果が出ましたね。
勝者、ホークカンパイラガー。
なんやねん。
まあ確かにネタの中にココジ師匠の名前はありますが。

それはそれとして、7バンド目。

エントリーNO.7

【鬼門なさって】

Bass マウスメロンさん
Drums キリサキさん
Guitar SHICAさん
Vocal  Rock Starさん

ギターとヴォーカルのお二人は存じ上げませんが良いバンドですね。
綺麗な言語感覚ですっきりまとめる力と下ネタ両方を持ち合わせるマウスメロンさん。
これなんか大好きです。

サメに襲われた海水浴客が奇跡的に助かった理由(ネタボケライフより〜)

食われたが、全身にコーンをまとっていたので消化されずに排泄された。

なんとも言えない当たり心地ですね。
さて、この4人を既存のバンドに例えるなら……

【カナリア】

余り知らん(なんてこった)
ベースはハイセンスでした。
Rock Starさんのキテル
感じが表現しきれないのが残念。

今日から巻き返す、かも知れない、かも。

| | コメント (5) | トラックバック (0)

溺愛の水槽 6

朗報です!

イグリット神が来月頭辺りから復活するそうです!
いやっふー!時代はフォーリーブスやで!!

皆様一直線を追い込む準備お願いします。


さて6バンド目。


エントリーNO.6

【bee-tick】


Bass  ベース☆ビーチク
Drums ドラム☆ビーチク
Guitar ギター☆ビーチク
Vocal マイク☆ビーチク

ああ、そうだったよ。
最初はエントリーナンバーとか載せてたんだったよ。
さておき。

ベッタベタなバンド名来ました。
ビーチクて!
え、ごめん。見間違えたかな?
→確認
やっぱりですよ!
ビーチクて!!

ベッタベタです。マヨネーズかけたマヨネーズ焼くらいベッタベタ。

やられました。
乳首ネタは面白いと思った試しなしを広言するサイレン、不覚にも笑いましたチクショウ。

しかも皆、一人一人の笑いのレベルが本格派。
誰?
誰の覆面バンドですか?

SEVENTEEN☆NIGHTSとサラマンダーよりずっと速いの喉元に食いつく可能性ありと期待して見てます。

さて、恒例の既存バンドに例えるなら……


【BUCK−TICK】


他にどこに例えることが許されましょう?

ただあんまり固定概念を持って見てるとこの四人には見事謀られそうですが。

『見えないものを見ようとする誤解。全て誤解だ』

| | コメント (3) | トラックバック (0)

より以前の記事一覧