スッタン歴史図鑑

鬼束ちひろ嫌い物語

自分のブログの宣伝をするのははじめてではないでしょうか。


http://patorakkosindekure.cocolog-nifty.com/


大喜利以外の創作物で小説ブログの方にも載せれないのここにほうり込みます。


面白いのかどうかはまあ、うん。

うん。

| | コメント (2)

ホークカンパイラバァー

mixiからの跨ぎ企画で恐縮ですが、ホークカンパイラガーさん、誕生日ギャグ披露しませんでした。
あーあ。あーあ。

それはさておき新企画です。
ホークカンパイラガーさんの彼女を勝手に募集しようというあれです。

これは普段好き勝手破天荒気取ってるホークさんが家庭とか持つ羽目になって守りに入ってる姿をみんなで遠目に見て薄笑いする、極めて重要な企画と言えます。

我こそはという成人女性、いやこの際幼女でもおっさんでも構いません。
立候補か推薦お待ちしております。

ん?
家庭持っててち○ぽち○ぽ言ってる人が鹿児島にいる?
馬鹿な。

| | コメント (4) | トラックバック (0)

おばあちゃんの知恵袋叩き

いらっしゃいませ、よろこんでー

どうですか、皆さん。
まあまあですか、そうですか、まあまあですか。

私が始めた頃はごく少数だったツボアゲブログ、今は割かしたくさんありますよね。

もうツボアゲにおける私の役割は終わったのではないでしょうか。
もう好きな時に好きなこと書くブログになるべき時なんじゃないでしょうか。

例えば『叔父貴』って書いてコメント欄に『うん、叔父貴だね』ってコメント貰う。
これ素晴らしいな、是非そうしましょう。

さ、次からはツボアゲです。

叔父貴。

| | コメント (7) | トラックバック (0)

創作『独裁者』

そんなこんなで私は独裁者になった。あの、独裁する人って意味の独裁者である。すげーだろ。

だから今日から全ては私の思うままである。
さあ、何をしてくれよう。
世界中の新聞の4コマ漫画欄からオチだけ抜いてやろうか。
はたまたプロレスラーの膝にホントに爆弾くくりつけてやろうか。

考えた末……

私はエスティマ乗り回すことにした。
風が気持ちいいぜ……ブーン


沢登「ああ、エスティマ食べたい」

| | コメント (9) | トラックバック (0)

いつまで

病やねん。

いつまでこうじ君におまかせやねん。

サイレンでした。

| | コメント (3) | トラックバック (0)

第四回ホークカンパイ祭

そんな予定はありません

| | コメント (2) | トラックバック (0)

ホークカンパイラガーさんのネタ・ファイナル

粋とは何か。
当たり前だが不粋でないこと。
では不粋とは。
多くあるが、大前提は余計なこと言うこと。

完璧な物の前に言葉はいりません。
粋にいきましょう。

サイレンが選ぶホークカンパイラガーさんのネタ ベスト10

【第1位】

フグ料理店でフグにあたって救急車が出動することがありますが、
他にもこんな理由でフグ料理店へ出動がかかることがあります。

ホークカンパイラガーさんの作品
 
いつからか、安土城下にある山伏が住みつき、寺を借り、怪しげな修法をおこなって城下の男女を多数集めている。その修法は「丑の時大事の秘法」と称して深夜にやるらしく、日没頃から男女が門前に詰め掛ける。

 織田信長は、話を聞いて首をひねった。信長の思想には霊魂も神仏もなく、まして不思議、霊験ということがない。
 だが、この男の強すぎる探究心はその山伏に興味を持った。

信長「その山伏をここへ呼べ」

 使者を受けた山伏は安土山にのぼった。彼には身分がないため座敷は与えられず、厩の前の広場で待たされた。
 やがて信長が出てきて、問うた。

信長「生国はどこか?」
山伏「カナダです」
信長「うるせー」

 山伏はそのまま裸にされ、足軽に縄尻をとられて城下を引き回された。その後、命だけは助けられ放逐された。

 信長は元来、霊や神仏というものを信じず、その思想、行動はあくまで合理的であり実証的であった。当時、この地上にあってほとんど唯一といっていい無神論者であり、宗教的な儀式、組織に対して嫌悪感を持っていた。

 その信長が、あとで山伏のある悪事を耳にした。
 例の丑の時大事の秘法で、相手が女の場合、城下のフグ料理屋に連れ込んでは「臍(へそ)くらべ」というふざけたまじないをしていたのだ。

 信長「あいつナメすぎっしょ。ぶっ殺すッス」

 調査の結果、今、山伏は京のフグ料理屋であいかわらず臍くらべをエンジョイしていることがわかった。信長はただちに山伏追討の軍令を伏追討の軍令を発した。

 信長「海からゆくぞ!海か山か」

 諸将は海からゆくべきか山からゆくべきかさんざん迷い、進軍中バラバラになった。

 信長「猿を呼べ!」

 呼ばれて信長の側に進み出たのは羽柴藤吉郎秀吉という小柄な男である。後の太閤豊臣秀吉その人である。

信長「したか?」
秀吉「はっ、殿お指図通り、すべて調ってございます」
信長「指図?したか」

 信長の言葉は常に短い。また、唐突で前置きをほとんど言わない。よほど機敏な頭脳をもった者でなければこの男の家来はこの男の家来はつとまらなかった。
 この場合「したか?」というのは、山伏を現行犯で捕らえる工夫はしたか、という意味である。
 また、この工夫は秀吉の独断によるものだったが、信長の嫉妬を買わぬために信長から知恵を拝借したという形の言上にした。

信長「気持ちいいの?」
秀吉「は?」
信長「気持ちいいの?」
秀吉「・・・き、気持ちようございます」
信長「猿め」

 先鋒は羽柴軍5千、それに柴田勝家、明智光秀の各隊5千に織田軍本隊1万が続くが、琵琶湖を越える頃には各隊はすでにバラバラになっている。

 途中、信長は浅井の残党の銃撃にあったが、弾は奇跡的に当たらず、一弾が袖を破ったのみであった。
 信長は弾が体に当たっていないことを確認すると、涼しい顔で「がばめんと」と一言つぶやいた。周囲の者は、その一言のは、その一言の意味するところがわからなかった。
 だが、その意を即座に見破った男が二人いる。
 秀吉と、明智十兵衛光秀であった。

秀吉(ま、まさか・・・「政府」と「セーフ」をかけてるのか?誰も気付かんだろうに、英雄にもほどがある!)
光秀(武田信玄亡きいま、織田の天下は安泰、という意味にもとれる。余裕だな)

 この三人の運命的な結末については書かねばならないが、後の機会に譲る。

 ついに京に入った信長は「海か山か」というあやふやな軍令のせいで、ただの一騎になっていた。自ら槍を持ってフグ料理屋に突入した。

山伏「ほらほら、ボクちんの臍の下が固くなって入ってくよー」
女「庶民的で好感が持てますね」
信長「バカー!」

           ニニЭ(*)


山伏「オレは男だってばー!」
信長「オラオラ!」


ニニЭ(*)


女「女だけど、そこは違う!」


著者は、この歴史パロディにいかにして救急車を登場させるべきか懸命に考えたが、ついにわからなかった。


一言だけ。

「これ系のネタが来るのは分かっていたが、終ぞこれ以上のレベルの狂気を生み出すことは叶わなかった。」

潔いコメントを残したホークカンパイラガーさんの対戦相手、間 健二さんを同じオオギリストとして尊敬し、
管理人としてこのボケが世に出る場を提供して下さったことに心から感謝します。


ではまたいずれ。

| | コメント (9) | トラックバック (0)

サイレンさんが選ぶホークカンパイラガーさんのネタ ベスト10【2位】

オフレポを優先すべきかホークカンパイラガーさんのネタを優先すべきか考え、ビールを優先しました。
正解のようですサイレンです。

急にお題思い付きました。

『こんなシュガーレスはお砂糖が甘い』

頭悪いにも程があります。よかったら皆さんボケて下さい。

多分ここじ師匠はうまいことウィリアム・テルを使ってくると思います。
無責任なムチャ振りをする毎に(自分に)優しくなる気がします。

さあ、ホークカンパイラガーさんのネタいきましょうか。

サイレンさんが選ぶホークカンパイラガーさんのネタ ベスト10

【第2位】

[第 678 回]

世界一迷惑な駐車とは?
コンビニのアイスボックスのあたりからそのまま突っ込んでDVD陳列棚全部ぶっとばして駐車。
後席に座るGacktは涼しい顔でカステラを食っている。
ガラスを突き破り店内に侵入してまで駐車したのはもちろんお茶を買うためだ。
このとき、割れたガラスを健気に拾い集める愛子様の指のささくれは肘まで剥けたという。

105/127位 


完璧ですね。
非の付け所がありません。
なんで105位なんだろう。1位でも足りない。いろいろ足りない。

一つとして意味をなさない描写。無敵ですよ。もちろんて、全然もちろんじゃねーよ!
地味に猫背で入店して黙ってお茶買おうよ!お茶てそういうもんだよ!デーモン小暮でさえそうするよ!
Gacktも効いてます。当時のGacktにはまだ涼しい顔でカステラ食っても許されるオーラがありました。今はダメですね、ハフハフしながら月見うどん食うのが関の山です。

そして愛子様。それはもう指のささくれじゃなくて肘の裂傷です。いいからカステラ食ってなさい。カステラ。


まさかこのネタを2位で紹介する日が来るとは思いませんでした。
堂々1位の風格ですもの。
しかし最近塗り代わりました。それがホークカンパイラガー。

ホークカンパイラガーさんを知らない人には次のネタ、是非読んでほしいですね。

今日明日中に更新しますよ多分。

| | コメント (8) | トラックバック (0)

サイレンさんが選ぶホークカンパイラガーさんのネタ ベスト10【3位】

ハイペースですよ、こんにちわ。
スピアージャックトーナメントがむちゃくちゃ面白そうなルールなので、ちょっとテンション上がってますサイレンです。
空豆さん元気をありがとうございます!
そんな訳でなんか閃きがあったのでもうしばらくは更新を続けようと思った訳ですが、その企画自体ダダスベリしてるかも知れません。
ダダスベリしてたらみんなで肩組んで笑いましょう。
私も加わります。なんやねん。

閃きはホークカンパイラガーさんのネタ終わり次第開始します。
関係各位、「あー」と思ってもいつも通り宣伝はなしの方向でお願いします。

さてと、セクロス。

サイレンさんが選ぶホークカンパイラガーさんのネタ ベスト10

【第3位】

[第 612 回]

あまりにも掃除をしないので、見るに見かねた母が掃除を始めました。
徐々にエロ本ゾーンへ迫っています。
どうにか切り抜けてください。
 
母が目前に迫っている。
この日、五稜郭本営では、もっとも緊張した空気の中で軍議が開かれた。
籠城がよい、というのは大鳥圭介である。が、榎本武揚も松平太郎も出戦論を主張した。
それまで黙っていた土方歳三が口を開いた。

歳三「私は、函館へゆく」

大鳥「賛成の反対なのだ」

歳三「木を隠すには森の中。エロ本を隠すなら、函館しかあるまい」

その当日、歳三が五稜郭の城門を出たときは、まだ天地は暗かった。明治2年5月11日である。
歳三は馬上。裸である。
途中、馬の一物を握って引き止めた者があった。馬丁の忠助である。
 
馬「気持ちヒーーン」

歳三「なにをしやがる、忠助!」

忠助「みなさん、新撰組として死ぬんだとおっしゃっています」

見ると、島田魁をはじめ、京以来の連中が皆そこにいる。裸である。

歳三「いいよ。オレもう、めんどくさくなってるから。世に生き飽きた者はついてくるがいい」

陽が昇ると同時に開戦。たちまち天地は砲煙につつまれた。歳三は、敵の頭上を飛び越え片手斬りで左右になぎ倒しつつ進んだ(裸で)。

歳三「敵を斬るときは、腰を相手のへそにつけて斬るんだ!」
           ブスッ!!

官軍「ぎゃー、●●●●でお腹がいっぱいになってるよー!」

鬼、としか言いようがない。さもなくばただの変態である。
途中、五稜郭軍は崩れ立ち、前に進めなくなった。
ただ一騎、歳三だけがゆく。
ついに函館市街に突入したとき、長州部隊の仕官がこの裸の将官を見咎め、問うた。

仕官「いずれへ参られる」

歳三「参謀府へゆく」

仕官「名はなんと申される」

歳三「新撰組副長土方歳三」

仕官は仰天した。京の頃さんざんに自分たちを苦しめた新撰組の親玉が、今、目の前にいる(裸で)。仕官は、兵に射撃用意をさせ、なお聞いた。

仕官「どういうご用件か。降伏ならば作法があろう」

歳三「降伏?新撰組副長が参謀府に用ありとすれば・・・」

シュッシュッシュッシュッシュッシュッシュッシュッ・・・

歳三「斬り込みにゆくだけよ!」

歳三は馬腹を蹴って跳躍した。

仕官「撃てー!」

兵「イクーー!!!」

ピュ!ピュッ!ドピュッ!!    ブリッ!

馬が再び地上に足をつけたとき、おち○ぽみるくで蜂の巣にされた歳三が地に転がっていた。

母「あんた、なにやってんだい!」

歳三(35歳)「ノックくらいしろよー」

65/97位


私がホークカンパイラガーさんに惚れ込むきっかけとなったもう一つのネタです。
このネタへの思いはホントもう語り尽くせませんが、携帯からだと悲しいかな早くも文字制限に引っ掛かりそうなので手短かにいきます。

見ていただければ凄みは十分伝わったことと思いますが、今なおこのネタの存在感たるや新鮮で、
目にするたび発見が絶えない。

今回も一つ発見しました。よく今まで見逃してきたものだと自分に呆れます。

冒頭。

『母が目前に迫っている。』

だからなんやねん。
この、長い長い物語の語りだしに、これほど似つかわしくない言葉はあろうか。
だからこそ、素晴らしい。
だからこそ、この一文しかないといえましょう。
すっきりとまとまったこの一文に「おや」と目を引かれたアンチ長文派も少なくありますまい。
実際、私もアンチ長文派でした。
それもかなり居固辞なアンチ長文派でした。
このネタも、確か採点当時はろくに読みもせず2点をつけた気がします。1点だったかも知れません。1点て。

今にして思うと強烈に勿体ないことをしました。
7点は固いし8点でも足りない。
まあこういうネタに9点やら10点付けると本人が嫌がるのでやはり8点か。
ホークカンパイラガーさんは偏屈ですからねー(笑)

話を戻します。
下ネタを必要としないド下ネタカンパイシリーズ最高傑作。
うちのうどん師匠お墨付きのネタですね。
どこが核と言い切れないほどギミックがちりばめられておりますが、外せないのはやはりここでしょう。

『歳三「木を隠すには森の中。エロ本を隠すなら、函館しかあるまい」』

んなわけねーもち。
どういう思考回路がこの飛躍を生むのでしょう。
これだけで十分8点の価値があるし、早く函館の人に謝罪してくださいという焦りがあります。

しかも読み進むと、この脳みそエンドオブデイズな土方に同道する幕末志士達が現れます。
何をしとんねん。お前らはこいつに何の感化を受け取んねん。
しかも土方を含め全員が全裸です。全く無意味に全裸です。
都合5回出てくる、全く不必要な全裸説明描写もこのネタの優れた持ち味です。

本当に残り文字数が少なくなって参りました。

まとめるなんて大それたことやれる訳もないので最後にこれだけ書かせて下さい。

本文より


仕官「撃てー!」

兵「イクーー!!!」

ピュ!ピュッ!ドピュッ!!    ブリッ!


撃てーじゃねっつの。
仕官が悪い。
これはどう考えても仕官が悪い。

長くなりました。またお便りします。
サイレンでした。

| | コメント (13) | トラックバック (0)

サイレンさんが選ぶホークカンパイラガーさんのネタ ベスト10

引っ越して以来めんどくさいから荷ときしてなかったパソコン、昨日開封しました。
明日からは芳醇で豊潤な冷中ブログをお楽しみ下さい。
どうせネット繋いでないからパソコン使わねーもち!

ついにこのコーナーも残すところ後4回となりました。
今にして思えば厳選しすぎたかなー200個くらいグダグダに並べとけばよかったかなーと少し寂しくもあります。
そんなことを思いながらですね。
「あ、まだボケノート過去ログがあったこれやでこれやねん」
嬉々として捜し当てるとまあ、下ネタずくしには違いないが変に大人しい。
やはりホークカンパイラガーというお方はネタボケライフで育まれ、ネタボケライフで照り輝くのだなーと逆に関心した次第でやっぱり後4回で終わる訳ですな。あーあ。

サイレンさんが選ぶホークカンパイラガーさんのネタ ベスト10

【第4位】

[第 664 回]

「町のなんでも屋さん」に頼んではいけないこと

ピーコの顔にセラミック顔料を塗りたくってセラミック・ピーコックにする

30/142位 


私がホークカンパイラガーさんに関心を持つきっかけのネタが二つあり、片割れがこれでした。

たった34文字に、よくもこれだけ仕掛けを盛り込めたものだと感心します。
ピーコにセラミック顔料塗りたくったらセラミック・ピーコックになるんだろうか?
なりませんよ、何言ってるんですかこの人は。ピーコックて!
発想の全てが天才です。
まずなんでも屋出てこないあたりもう乾杯です。カンパイさんに乾杯さんで、カンパニーマンです。
私も何言ってるんでしょうね。

ホークカンパイラガーさんは素晴らしい文章センスをお持ちですが、上記のように臨機応変に自ら潰しにかかります。
ネタを活かす為に名文が不要いやさ邪魔になることを知り尽くしているのでしょう。
いや、知ってるんじゃなくて多分勘でしょう。

その自由な天分に、私はつい、憧れてしまう。


ついにベスト3ですよ。
後3回。

| | コメント (3) | トラックバック (0)

より以前の記事一覧